輸入車にはステータスがあるからです。中古車になってもそのステータスは変わりません。それだけ魅力があります。

輸入高級車を中古で購入しませんか
輸入高級車を中古で購入しませんか

輸入車を中古車で購入するのは魅力的です。

輸入車の中古車を買う場合一番気をつけないと行けないのは、その車が日本国内で販売された車かどうかと言う事です。
日本で登録が行われ、乗られていた中古車で有れば、全く問題はありません。一番問題なのは母国などで乗られていた車を並行輸入してきたモノです。
コレは車の素性が全く分からないのです。
また新車で並行輸入された車も、日本国内向けの対策が行われていないため、夏場などにはオーバーヒートを起こす可能性が非常に高いのです。
なぜこの様に並行車が多く出回っているかというと、国内で販売する輸入代理店が大量のマージンを取っているからで、並行で輸入しても十分マージンが業者も取れるからです。

楽に100万円以上の上乗せが行われているケースが多いです。
現地価格を聞くと思わず驚くほど日本国内で売られている車は高いと言えます。
また、装備も標準でかなり高級な装備が装着されてもいます。
もっと安くで購入したい人もいるはずなのに、輸入車の販売価格は非常に高いのです。
また、中古車になっても、値落ちは少なく、中々価格は国産車のように落ちてきません。それは、車両のモデルチェンジサイクルが輸入車は非常に長いからです。
旧型に乗っていてもほとんど分からない事が多いからだと言えます。
それだけ輸入車は魅力的であるとも言えるのです。
そのため、輸入車には特別の思い入れのあるユーザーが多く、ファンとしてその車ばかりを購入する人もかなり多いと言えます。

おすすめ記事