安く市場に出回っている中古車の国産車・輸入車を購入する時は価格以外にも自主的に確認すべきポイントがあります。

輸入高級車を中古で購入しませんか
輸入高級車を中古で購入しませんか

輸入した中古車を選ぶポイント

新車と中古車では金額差が大きく分かれるため、市場では中古車を購入する顧客も非常に多いと思います。
また、海外からも中古の外車を輸入することで安く外車に乗ることが出来る時代になりました。
国産車のメリットとしては故障が少なく、メンテナンス費用が割安だったり、ディーラーの対応が良い・燃費が良いなどがあり国産車のデメリットとしてはハンドルが軽すぎ・高速燃費が悪い・見慣れた車が多いなどが挙げられます。
外車のメリットはハンドリング・足回りが良い・ブレーキ・直進の安定性・日本国内であまり見ないようなレア感のある車種に乗る優越感などがあり外車のデメリットとしては故障が多く、修理に割高の修理代が掛かる、ハイオク車が多い・ライトとウィンカーのレバーが逆なので慣れるまでは不便を感じることがあると思います。

しかし、購入時に重要となる項目には共通点があり、まずは走行距離に重点を置く事です。
一般的にはエンジンオイルとオイルフィルター、エアフィルターにバッテリー程度の消耗しか思いつかないかもしれませんがイグニッションコイル・ブローバイホース・ウォーターポンプ・タイミングベルトなど走れば走るほど車のあらゆるパーツが少しずつ消耗していきます。
中古車を購入する際に最低限の基本的なメンテナンスを行って納車してくれるところがほとんどだと思いますが、乗り出してすぐに異常が生じ修理代が発生することもありますので走行距離が長く安すぎるような車には注意が必要です。

今では街中で輸入車を見かける事は珍しくない光景だと思います。

しかし、実際に購入する場合は色んなお店を見て回り、価格だけに捕らわれず走行距離や修理履歴を確認し、長い目で見て良質な車選びをすることが必要だと思います。

おすすめ記事