日本の中古車が海外でも多く使われています。特に日本と同じ左側通行の国では日本の中古車を輸入しています。

輸入高級車を中古で購入しませんか
輸入高級車を中古で購入しませんか

海外における中古車の輸入

日本の中古車は海外でも多く使われています。
特に日本と同じ左側通行の国々では右ハンドルの日本車は人気が高いです。
旧英連邦諸国、オーストラリアとかニュージーランドでは日本と同じ左側通行ですから、日本の中古車を輸入して使っています。
ニュージーランドへ行くと日本車の多いことに驚きます。
三菱のミラージュとかトヨタのエスティマとかを見かけます。
どちらも右ハンドルですから、左側通行のニュージーランドでは都合がいいのでしょう。
日本なら古くなってもう使わないようなかなりの走行距離を走った古い中古車でもニュージーランドでは走っています。
むしろ新車を見かけるのが難しいと思うほどです。
車を買うということは、すなわち中古車を買うというぐらいの感じでしょう。

そんなニュージーランドですから、車がクラッシュするとその報道でも日本車の具体的な名前を公表して報道しますから、三菱のミラージュがクラッシュしたとか、トヨタのエスティマが衝突したとか。日本ならそういう車名を公表するような報道はありませんが、ニュージーランドでは車名を報道することからも、日本の中古車の多さを感じます。
車名を公表する報道はアメリカでも同じです。
ホンダのアコードが衝突したとか、具体的に車名を公表しますから、日本車であることがすぐ分かります。
ニュージーランドへの日本の中古車の輸入は手続きもかなり簡単で、排ガス規制とか燃費規制とかをクリアーできれば輸入は認められます。
そういうこともあって日本の中古車の輸入が盛んになっていると思われます。

おすすめ記事